アトラスのメンバー

Atlas 2017-2018

2017‐2018 の スタッフ

– 学生22
– 国籍三つ:フランス人、ロシア人、イギリス人
六つの言語

  • 英語
  • フランス語
  • スペイン語
  • ロシア語
  • 日本語>
  • ドイツ語

2017‐2018 の義務局

マエヴァ・ヴァンエルデン (Maéva van Heerden) 、会長
マリロール・フォリット (Marie-Laure Faurite) 、副会長
ヴィルジニ・リベル (Virginie Libert) 、会計系
ルイーズ・ヴィラン (Louise Vilain) 、副会計系
フロランス・ヴイルマン (Florence Vuillemin)  、 秘書
ウゴ・ヴィ二アル (Hugo Vignal) 、 副秘書
ミラエル・コサレフ (Mikhail Kosarev), Gestionnaire des ressources

1995 年に創立された当団体は、本学科修士課程の学生を対象に実践的な仕事としての翻訳経験を得ることを目的とし、創立されました。その為、当団体を経営すること自体も大学院の授業のカリキュラムの一つとして組まれております。
本修士課程のカリキュラムは実践的な翻訳を学ぶことに重点を置いております。そのため、技術・商業・法律・メディアの文書翻訳だけでなく、科学・技術・法律分野の基礎知識、翻訳・専門用語の理論、そして最先端の技術を取り入れたパソコン技術の習得に力を入れております。
本修士課程はブリュッセルにてDirection générale de la traduction (DGT) (翻訳総合管理)の専門家チームからlabel Master européen en traduction (EMT) (ヨーロッパ翻訳修士課程ラベル)の授与を受けました。